ビフィズス菌のはなし(知らなかった~!!)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
前回に引き続き
人体常在菌のはなし・・のレビュー的な
記事となりますが

ここ最近
私は毎日「お腹に届く善玉菌(ビフィブス菌)」
(つまり、胃酸などで死滅せず、大腸まで
たどりつくことができるビフィズス菌)を
毎日食べていたのですが

この本いわく
腸にすみついているビフィズス菌と
ヨーグルトに入っているビフィズス菌は
「ちょっと」違っていて
ヨーグルトのビフィズス菌が腸の中で
生育しつづけることはできないそうです。

「ちょっと」との記載でしたが
結果(生育しつづけることはできない)は
こちらとしても知らなかったことでしたので
驚きました。

ヨーグルトのビフィズス菌は腸内をゆっくり進みつつ
乳酸をつくりだし、有害菌の増殖を抑える働きをしつつ
最終的には体から排出されるとのこと。

つまり、腸内に棲みついているビフィブス菌の
助っ人の働きをするそうです。

で、その働きを効果的に発揮させるためには
ヨーグルトは毎日食べる(1週間に1度大量に食べるのではなく)が
重要なようです。

また、ビフィズス菌も含めて乳酸菌群は
死んでもその産生物質が有効に働くそうです。

とはいえ、せっかく食するのであれば
生きて腸に届くほうが良いので
食前ではなく食後(胃酸により死滅しないように)に
摂る方が良い(この部分は知っていました)そうです。

で、腸内のビフィズス菌を増やすのに有効なのは
よく言われているようにオリゴ糖と繊維質。
これらがビフィズス菌のエサとなり、
菌が増える・・・。

これも随分前から知っていて
幾度か実践したのですが
適切なオリゴ糖の量は人それぞれ異なり
私に至っては摂りすぎたために
お腹がはって大変つらい思いをしたことがあります。

腸内の育菌はそうそう簡単ではなく
体質や日頃の食事(肉・野菜、どちらが多いか)の傾向を知った上で
食事を変える(適切なオリゴ糖、繊維の量を決める、
自分に合ったヨーグルトを毎日とる・・・など)で
達成されるものだと思います。

大腸の調子が良い=アンチエイジングの重要な基本のひとつ・・と
私の中ではとらえています。
折を見て、関連する情報をアップしていきます。

今日の動画は
才能があるっていいな~と思った
Tough Lover – HD FULL Movie Clip – Burlesque

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2014年7月20日 ビフィズス菌のはなし(知らなかった~!!) はコメントを受け付けていません。 食事法